HOME > 最新情報 > 【リベンジイベント告知】お坊さんと走る!淡路島十三仏を巡る法輪ライドpart1南あわじ遍

【リベンジイベント告知】お坊さんと走る!淡路島十三仏を巡る法輪ライドpart1南あわじ遍

十三仏④ 十三仏③
9月13日開催予定だったイベントが、天候不良により延期になったため、
日程変更して再度募集をさせて頂きます!


Awajiロードバイクサポーターズ&淡路島十三仏霊場コラボイベント

『お坊さんと走る!淡路島十三仏を巡る法輪ライドpart1南あわじ遍』
もう一つのアワイチ!全島に点在する十三ヵ寺を巡って御朱印を頂こう!

淡路島の津々浦々に点在する由緒あるお寺がサイクリストの皆様を歓迎・おせったいします!
Awajiロードバイクサポーターズとのコラボにより、これからサイクリストの皆様の立ち寄り場所として
また、ご利益のある御朱印を頂き、淡路島の歴史や文化に触れるサイクリングコースとしてご提案~

コラボ企画のお披露目として、寺院巡りの案内人~若手坊さんと走るイベントを開催します!
景色の良い南あわじ市内の5ヵ寺を巡ってこけら落としライドを楽しみませんか?
参加の皆様にはオリジナル御朱印帳をプレゼント!また御朱印も頂けます~
寺院巡りならではのスペシャルランチ&抹茶・和菓子のおせったいなど盛りだくさんのイベントです♪
※コース詳細は都合により変更の可能性あり
日時 10月12日(水)

集合8:00 / スタート 8:30 / ゴール 16:30

所用時間 約8時間
場所 南あわじ市福良地区公民館スタート
総走行距離 約67km
総獲得標高 約600m
参加料 5,000円(5ヶ寺の御朱印、ランチ、お抹茶&和菓子、珈琲、保険含)

※レンタサイクル利用可、アルミロードバイク4,000円

(イベント特別価格、別途入会金1,000円)

内容 無料駐車場完備・サポートライダー・サポートカー・工具類貸出

・オリジナル御朱印帳

申込方法 ①パソコンのHPより申込:

あわじロードバイクサポーターズHP左バナー下方の

「お問い合わせ」より「お問い合わせ内容」に【イベント申込】と記載の上送信ください。

②携帯サイトより申込:

AWAJI ROAD BIKE SUPPORTERSサイト右上メニューの

「お問い合わせ」より「お問い合わせ内容」に【イベント申込】と記載の上送信ください。

※事務局が確認をして入力頂いたアドレスに申込フォームを

お送りしますので、再度、必要事項を入力の上ご返信ください。

③電話で申込:連絡先は下記になります。

Bicycle Hub Awaji 070-5503-1140(定休:火・水)

Giro d’ Awaji 0799-50-2411(定休:月)

※定休日以外の朝9時半~16時半までにご連絡ください

募集人数 限定20名(定員になり次第締め切ります)
申込期限

10月4日(火)

レベルの目安 当日、参加者を2グループに分けます。

中級・初級

※このイベントは速度を競うものではなく、楽しく景色を楽しみながら寺院を参拝し、ロードバイク、そして仲間と走る楽しみを追求するライドです。ワンポイントレッスン付き!

※グループ分け基準:経験年数・平均速度(平地)・最長距離(一日)

ご自身の判断で調整(当日変更可)

【当日スケジュール】
※当日の詳細は都合により変更する可能性有

時間 行程 区間距離 総走行
距離
備考
集合 8:00 南淡公民館に集合
受付 8:30 レンタルの方は、手続きと
調整その他ご自身の自転車の準備
手続
説明 8:20 スタッフによるイベントの注意・説明等
出発 8:30 南淡公民館スタート 0
   ↓ 8
到着 9:10 全日食チェーン阿万店 8 水分補給
出発 9:15
   ↓ 7.5
到着 10:00 十三仏霊場第五番 高見山真観寺 15.5 参拝・御朱印
水分補給・休憩
出発 10:30
   ↓ 3.5
到着 11:00 灘地野コミュニティーセンター 19 水分補給・休憩
出発 11:10
   ↓ 4.5
出発 11:20 第四番 寶樹山萬勝寺 23.5 参拝・御朱印
お寺deランチ
到着 12:30
   ↓ 8.8
到着 12:50 第三番 里深山寶積寺 32.3 参拝・御朱印
水分補給・休憩
出発 13:15
   ↓ 11.7
到着 14:00 第六番 松林山春日寺 44 参拝・御朱印
水分補給・休憩
出発 14:20
   ↓ 4
到着 14:30 丸山漁港付近 48 水分補給・休憩
出発 14:45
   ↓ 9
到着 15:15 第七番 竜宝山智積寺 57 参拝・御朱印

水分補給・休憩

出発 16:00
   ↓ 10
南淡公民館ゴール

Giro d' Awaji

※イベントの感想や参加者との親睦

67 座談会

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ

トップページに戻る
▲ ページの先頭へ